節税対策ができるのが大きい

税理士といえば税金のプロです。一般の人ではわからない節税対策の知識を持っているため、会社設立をするなら多くの人が依頼しています。税理士に依頼する費用は年間数十万円と高額となりますが、その代わり節税対策も一緒にやってくれるため、トータルで見てプラスとなることも多いのです。法人の税金対策は複雑で、少し勉強した人ではなかなか気が付かない節税対策もあります。税理士は法に触れず合法なやり方で節税対策を理解しており、年間数十万円の節税対策ができる人も少なくありません。

税務署は確定申告を受け付けてはくれますが、節税対策は教えてくれません。膨大な人が毎年確定申告をしに来るため、1人1人の税金対策まで見ている暇はありません。あくまでも税務職員は、確定申告のやり方をサポートしてくれるのみです。自分で税金対策をやっていると抜け落ちが出やすく、車両購入の額がわかりにくいことや、役員報酬の額なども判断しにくくなります。

また、税理士に依頼しておけば、違法で税金対策をしなくても済みます。自己流でやるとグレーゾーンなのか判断できず、知らないうちに脱税しているケースもあります。脱税したと税務署に捉えられてしまえば、追徴課税が命じられ経営さえも危なくなってしまう可能性もあるのです。