税務対策も一緒にできる税理士

会社設立から税務士に依頼する人が多いのは、会社設立の手間が少ないだけでなく、その後の税務対策まで一緒にできるからです。会社を立ち上げれば税金対策が必要となってきますから、節税の観点から考えて税金のプロに依頼したほうが有利となります。

何よりも会社設立したあとにしなければならない税務申告は、税理士がいないと個人では難しくなっているのです。個人事業主なら1人ですべてをこなすことは可能ですが、法人となると申告作成で知らなければならいことも増えてしまうため、多くの方は税理士に依頼しています。

さらに会社設立から顧問契約を結ぶと、会社設立の費用が20万円前後とかなり安く提供できる場合もあります。顧問契約を結ぶことを条件に、定款の収入印紙代無料、設立手数料無料としているためで、会社設立後もずっとお付き合いしたほうがメリットは高くなります。そもそも会社設立を自分でやり、確定申告の時期に急いで税務士を探そうと思っても、希望する税理士が見つかるとは限りません。急いでいると希望とは違う税理士に当たる可能性も高く、ずっと依頼する税理士を探しているなら余裕を持って探すことが大切です。会社設立時なら費用や税理士の対応までチェックしやすく、ずっと依頼できる人に出会える確率が高くなります。

参考HP「https://www.adiretax.jp/