会社設立のやり方と費用

会社を設立しようと思うと、費用の問題や誰にサポートを依頼すべきかは迷ってしまうでしょう。簡単に起業したいといっても、会社となるとそれなりに手間やお金もかかるため、それらの詳細を見直しておく必要があります。

まず、自分で会社設立するという方法もあります。書類の作成に多少の手間はかかるものの、税理士や司法書士に支払う費用が節約できる点は大きいでしょう。会社設立には定款を設けて、それを公証人役場で認証してもらう必要があるため、定款認証印紙代が4万円と定款認証手数料5万円がかかります。さらに登録免許税が15万円、謄本交付料が約2千円必要となり、合計で24万2千円かかる計算となります。これを税理士に依頼すると登記手続きは司法書士に依頼しなければならないため、その費用もかかってきます。それぞれ3~5万円ほどの手数料が必要となりますから、プラス6万円は最低でも必要だと考えておきましょう。しかし、印紙代は不要なため自分でやる場合と比べてそれほど変わりがありません。

通常は自分で会社設立をするケースは少なく、税理士のサポートを受けることになります。その理由は、税理士に依頼すれば定款認証をデータでできるようになり、税理士であれば電子証明やソフトウエアの手間がないからです。税理士に依頼した場合と個人で会社設立した場合で費用がそれほど変わらないなら、手間が無い税理士に依頼したほうがよいでしょう。さらに税理士に依頼することで得られるサポートもありますから、どんなメリットがあるのか当サイトで紹介していきます。